意識高いOLのブログ

好きなことして生きてます。

絶対ないと思ってたTinderで彼氏ができた件

hands-coffee-smartphone-technology

世の中にはいろんな出会い方がありますが、まさか1番ありえないと思っていたTinderで彼氏ができるなんて。

 

合コン、Pairs、Tinder。自分の中の位置付け

合コン

友達の知り合いであるという信用の元出会えるので安心・安全。

しかしいい人に出会えるかは運。共通の友人がいる分、アドバイスや応援はしてもらえるが、失敗した時に気まずいのでアグレッシブに攻められないのが難点。あと合コンのセッティング自体が大変。

 

Pairsなどの恋活婚活アプリ

ガチで彼女・嫁探してる人多し。年齢や出身だけでなく、タバコは吸うか、将来子供が欲しいかなどまで事細かく書かされる上に免許証をスクショして年齢確認するなど初期の手間が大きい。そして残念ながらイケメンは5%ほどしかいない。マッチすると大半は運営が用意した自己紹介定型文を送ってくるので全部スルー。「一緒に笑って過ごせるような女性を探しています!笑顔が素敵だと思ってメッセージ送りました!」などのサブい文章もスルー。

そして連絡がやたらマメ&長い。「土日は何されてるんですか?ちなみに僕は...」ってそんなん会って話せばええやろ!あと自己紹介に書いてあるから読めやと面倒くさがりな私はいつもメッセージで断念する。誠実な人は多そうなので、粘り強く頑張れば彼氏見つかりそう。

 

Tinder

息をするように異性と出会えるアプリ。下心、マルチ、こじらせ、まさに下衆の巣窟。ただしイケメン多し。面白い人とも会えるのは確か。サクッと楽しく飲むのに適したアプリ。マッチしたらとりあえず「仕事何してる?」「どこでよく飲む?」ときて3言目に「よしじゃあいつ会う?」

気が合えば飲み友達。向こうがその気でイケメンなら朝までコース。めんどくさければさようなら。

 

というように、私はTinderには真面目な出会いを期待していませんでした。

 

出会い、そして失態

彼氏と別れたばかりの私は久しぶりにTinderをインストールし、「今日飲める人探してます」と自己紹介に書き込みました。そして「今夜空いてるよ!」と連絡が来た人と、ろくにメッセージのやりとりもせずすぐに場所と時間を決めて飲む約束をしました。

 

現れたのはなかなかのイケメン。

油断してはいけません。イケメンであればあるほど信用できません。

 

(彼女あり、でも暇つぶしに他の女と遊びたいってとこかな...) 

 

挨拶もほどほどに、居酒屋へ。

お互いやや緊張気味。さて何から話すべきかと思い、とりあえず学生時代の話をふったところ、まさかの地元が同じ。そこからローカルトークで大いに盛り上がるうちに警戒心は解けていきました。

 

私がトイレに立ち、席に戻って来たとき、彼はわたしをじっと待っていて、スマホを触っていなかったところに好感を持ちました。

お互いに失恋したてだという話しにもなり、この人何もかも正直に話すじゃん。とひたすら笑っていました。

 

そして超ご機嫌の私は調子に乗ってその後もガブガブと飲んでしまい、ハッと気づくと自宅最寄り駅の階段を一人で降りていました。

 

(…あれ。バイバイしたっけ。)

 

と、震える私のスマホ。彼から着信が鬼のように来ており、電話に出ると「無事だったか!消えたからびっくりした!」と笑っていました。どうやら店を出た後歩いているうちに消えた私を探してくれていたようです。

完全にやらかした...

面倒臭い女すぎる自分に目眩を覚えつつ帰宅。泥のように眠りました。

 

すると翌朝、「昨日は楽しかった。また飲もう!」と連絡が。正気かこいつ。

しかし私はこの時初めてTinderで出会った人に「もっと仲良くなりたい。」と思いました。

 

とことん会ってみた

そこから週1ペースでごはんやおでかけに誘いました。

2回目に会った時は思い切って自分からキスしてみたり、なんか今思うとかなり前のめりで攻めてた気がします…

 

そして最終的には自宅に連れ込み、酒の力を借り交際を申し込み、結果、承諾を得ることができました。

 

 

なんでTinderでうまいこといったのかな?

このままではただの彼との馴れ初め惚気記事になってしまうので、私なりにTinderでまともな彼氏を見つけるとしたら、どこに気をつけるべきか考察してみました。

 

ヤリモクか見極めるには昼の時間にデートに誘う

体目的なのであれば、夜ごはんとホテルくらいしか時間もお金もかけたくないはずなので、昼間のデートに来てくれるか、誘ってみるといいと思います。

夜しか時間がとれない人は「22時に帰らないといけないけどごはんだけ行かない?」という条件をつけて誘ってみるのもありです。

まれに、昼間のデートも含めて遊び目的の人もいるので要注意。特に既婚者。既婚者かどうか確認するには、土日の昼間に急に電話をかけて、すぐにとるかチェックするのがいいです。

 

ネットストーキングしてみる

SNSや、ネットに上がっている卒論などから、彼が話している内容に虚偽がないか、どんな友達とつながっているか、妻や彼女の影がないかをチェックしておくことで、信用できそうかどうかはあらかた判断できます。

氏名、大学、会社、趣味、彼にまつわるものすべてを検索にかけてみましょう。怖い女であることは重々承知しています。Twitterはログインした状態で覗きまくると、相手のおすすめユーザーに表示されてしまうなど、足がつく場合もあるので、ダミーアカウントをつくるなど工夫して実施してください。

 

相手に何でもかんでも合わせない

好かれたいがために相手の話に調子を合わせたり、言われるがまま行動してしまう気持ちは分かりますが、Tinderで出会った男相手なら特にオススメしません。完全に都合のいい女一直線です。
そしてなんでも思い通りになる人ほど退屈な人はいません。(昔の私ですね。)
 
私の場合は初回で大失態をしでかすも、許容してくれたという安心があったため、
今すぐ会いたい!中華が食べたい!この残り一切れの餃子は私がいただく!
など、わがままを言いまくってました。
 

付き合ってるのかどうか相手の口からハッキリ言わせる

最悪なのが、こっちは付き合ってるつもりだったのに、あちらはただの飲み友達だと思っていた(でもセックスはする)という事態です。
告白のないままそういう感じになってしまったのであれば、「私達って、付き合ってるんだよね」など、「はい / いいえ」でしか答えられない質問をなげましょう。めんどくさい女だと思われたくないから質問しないなど決して思わないこと。ここを曖昧にしていた方が後々もっと面倒臭いことになります。
 

1番大事なのは彼女にしてくれたらラッキー、遊ばれたらそれはそれで美味しいくらいの気概を持つこと

どれだけ付き合いたくても、相手にそのつもりがなけば中々難しいと思います。全力でアタックしてもだめなら、相手の望み通りサクッとセックスしてバイバイするのもいいんじゃないでしょうか。イケメンと寝られただけでも儲けものだと思いましょう。

私は彼に自宅で告白したとき、もし「そういうつもりじゃなかった」と言われたら、とりあえずセックスして次の日から新しい人に気持ち切り替えよう思っていました。

 

 

前提として、Tinderで彼氏を探すのはリスクが多いので友達にはおすすめしていません。が、もし藁にもすがる思いで彼氏欲しいぜ!という方は、どう行動してどんな結末に転んでも、友達にはバレず気まずくないTinderでの出会いを最大限活かしてください。 

 

ちなみに今はアプリをアンインストールして、堅実にお付き合いしています。