読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高いOLのブログ

マイペースに何か書きます。

【20kg減量成功して分かったこと】運動するダイエットは失敗する

実は私、高校を卒業してからの5年間で20kgの減量に成功しました。ええ、クソでぶでした。BMIは28から20に。まだ無駄な肉があちこちに残っているのでダイエットは続けてます。この話をすると『どうやって痩せたの!?』とすごく質問攻めに会うんですが

 

減量 = 消費カロリー > 摂取カロリー

 

これ以外に答えはありません。すごく当たり前のことなんですが、みなさんこれをやりたがりません。『食べたことをなかったことにするサプリ』とか、『◯◯を食べるだけで痩せる』とかはこの式を完全に無視してますし、実際それで痩せてる人をみたことがありません。言ってる人が儲かってるだけですよね。 

痩せるには食事制限するか、運動するしかないんです。

 

この5年間、さまざまなダイエット方を試しました。

そして出た結論。食事制限の方が10倍楽に痩せられる。

 

ダイエットのために水泳やランニングをはじめて挫折した方、たくさんいると思います。運動しなくても痩せます。以下、なぜ運動すると失敗しやすいかと、食べる量を減らすコツ紹介。

 

 運動するダイエットが失敗するワケ

スポンサーリンク

 

 

『運動の達成感』と消費カロリーが比例してない

20歳 70kg の女性が30分ジョギングして消費するのは約300kcalです。でもね、今まで家に籠ってたでぶがジョギングするのって相当しんどいです。その分やりきった時の達成感は半端ない。

 

それなのに、成果はたったの300kcal。気持ち的には700kcalくらい消費してるのに…

これに対して食事制限での減量の場合だと

300kcalの食べ物といえば、卵かけごはん、チーズバーガー、モンブランなど。毎日食べているこういったものを我慢するだけで30分走ったのと同じなんです。どっちがつらいか、続けられそうか考えてみてください。

 

『頑張ったご褒美♪』で食べてしまう

運動したから大丈夫、と気が緩み、アイスクリーム食べたり、夕飯をいつもより多めに食べてしまいがち。でも今日のあなたは300kcalいつもより動いただけ。あんなにしんどい思いしたのにそのご褒美ですべてが水の泡!

 

でぶが運動すると怪我しやすい

ほかの人よりも大きな質量をささえてるでぶの膝には、走ったりすると相当の負担がかかります。怪我でもしたら、運動が続かないだけではなく、日常生活にも支障が出て、まるで逆効果です。 

 

毎日続けられない

夕飯は炭水化物を抜くとか、おやつをチョコからするめにするとか、ビールじゃなくて焼酎を飲むとか、摂取カロリーを減らす方法はたくさんありますし手軽なので毎日実践できます。

運動の場合、スクワットや腹筋などは毎日続けやすいかもしれませんが、基本的に筋トレは無酸素運動なのでカロリー消費は期待できません。ダイエットに効果的な、20分以上の有酸素運動を毎日つづけるには、時間も手間もかかります。

 

結果がすぐ出ない

運動の成果が体や体重に出始めるのははやくても1ヶ月後です。まったく結果が出てないのに、あなたは1ヶ月間走り続けられますか?

 

運動には時間と金がかかる

ランニングウェアやシューズ、雨の日はジムの使用料金など、運動するのにはお金と時間の面でコストがかかります。

これに対して、食事制限はお金がかからないどころか食費が節約できます。私は家で一人でいる日は低脂肪乳にプロテインをとかして夕食として飲んでいます。

ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

 
明治 スマートボディ プロテインダイエット ミックスパック 30袋

明治 スマートボディ プロテインダイエット ミックスパック 30袋

 

 個人的には、SAVASはココア味が一番美味しく飲めました。水に溶かしてもギリギリ飲めます。プロテインダイエットはどれもふつうに美味しいし飽きません。どちらも1食100円くらいで経済的です。どうしてもお腹が空いてつらいときはゆでたまごか、野菜と豆腐だけの湯豆腐を食べます。

 

達成できない自分に絶望する

ここまで紹介した通り、運動で痩せるには極限まで自分を追い込まないと達成できません。一人でそれをするのって相当な精神力だと思います(できないからきっとみんなライ◯ップとかいくんでしょうね)

正直私も運動で痩せるのは無理でした。すると『自分はなんて甘ったれたでぶなんだ』『一生でぶだ』という感情が湧いてきます。そして自暴自棄になって食べちゃったり、ダイエットを諦めることになってしまうのです。

半年経つとまたやる気が出るのですが、結局はその繰り返しです。

 

運動は身軽になってからでいい

ここまで運動するダイエットを否定してきましたが、運動はもちろん健康にいいですし、美しい体になるために必要不可欠です。私が言いたいのはでぶの状態からいきなり運動をはじめるべきではないということです。

食事制限により脂肪が落ち、身軽になりモチベーションがピークに達しているときこそ運動をはじめるべきです。身軽になった分、体への負担も少なく、思い通りに動けるので運動が楽しいです。でぶのときはこんな気持ちになったことなかった…。

食事制限生活にも慣れた頃なので運動後の過剰摂取も起きません。

 

身軽 → 運動楽しい → 痩せる → 身軽

 

という正のスパイラルが出来上がります。あとはじっくり焦らず、日常生活に運動する頻度を増やしていけば健康的に痩せることができます。私はいまここの段階です。楽しく頑張ってます!

 

 

でぶが運動して痩せる必要はない理由、伝わったでしょうか。

ぜひ続けられる方法でダイエットをしてください。運動しなきゃ痩せられないなんてことはないです。ご飯の量をお茶碗半分に減らすくらいなら、明日からでもはじめられますよ!